学習塾の活用方法について

子どもを学習塾や予備校に通わせるのは、進学を考える上では不可欠となっています。


現在、大手・中小合わせると多数存在していますが、その中でどこが一番良いのかを考えるのは親の役目です。


一言で学習塾と言っても、複数指導と個別指導に分かれますが、どちらが子どもに有効的なのかは子どもの適正にかかります。

複数指導は友だちとの付き合い・競争心を煽る意味で有効的でありますが、一度躓くと中々元に戻るのは難しくなります。

逆に個別指導はマンツーマンで指導を受けられるので分からないところを重点的に勉強ができる利点があります。
家庭教師との区分けも難しいところですが、学習塾では身元のはっきりとした講師が教えてくれますが、家庭教師は人物的な評価がしづらいので人選を間違えると役に立たなくなります。

現在、少子化で子どもの数が減少している中、いかに有名大学の講師陣を確保しているのかをアピールしています。

講師も個性的で子どもに人気のある講師をメインに、宣伝も派手に行っています。

親としては、子どもが何を目指しているのかを的確に把握をして、腕の立つ講師をもつ学習塾を選んでいかなくてはなりません。
義務教育だけで大学進学など高等教育を目指すのは難しい状況の中、有名学習塾に子どもを通わせることは経済的に大変ですが、そこを間違えると大金を払う意味がなくなってしまいます。
公立高校に通うだけでも教科書代を含めて年に数十万円もの出費を強いられます。


学習塾に通わせると更に月に数万円の出費が必要となります。


それでも親として子どもの将来のことを考えると、学校だけの授業では心配です。

今は小学生、いや幼児のうちから学習塾に通う時代です。月平均で約3万円、それを小学生から通うと義務教育期間だけで約320万円となります。

昔の学習塾は、義務教育の補完場所との意味合いが濃かったですが、現在は学習塾がメインの学習場所となってきていて、これからの子どもたちの学習に大いに役立つようになります。