構造変更検査と言う車検があります

今やほとんどすることもなくなってしまいましたが、改造車を登録する車検に構造変更検査と言うものがあります。

基本的に新車を登録する新規検査と同じようなものですが、この検査を受ける事で例えばキャンピングカーに用途を変更することが出来たり、車体からはみ出して大きさが変わるようなパーツを取り付けたりすることが出来ます。

安全基準やその他の要件を満たせば違うエンジンに載せ変えたりすることも可能です。

杉並区の車検は支持されています。

また簡単のことでも外形が変わってしまうような変更は構造変更検査が必要です。

特にオートバイでは様々な機能パーツが剥き出しですのでハンドルを交換しただけでも外形寸法が変わってしまい、構造変更が必要になることが多いです。

四輪車では4WDのSUVなどでは外にはみ出すパーツが多くあり固定されている場合には変更が必要になります。
この程度の簡単な変更は車検時に寸法を測って重量を測定して車検証の記載を変更するだけなので簡単に出来ます。

事前の申し出なども不要です。


それに対してキャンピングカーへの変更などは事前に書類を作成しての審査が必要ですし、その審査分だけ時間もかかりかなり大変です。


しかし構造変更検査を受けることで正規に登録されますので、安心して乗れるようになりますし、特に簡単の変更をしておく方がおすすめです。

ただし管轄の陸運局へ持ち込んでの車検になりますので、どこでも気軽に受けてくれると言うわけではかもしれません。

板橋区の車検をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

かえってユーザー車検などの方が申請しやすいかもしれません。



MENU